大阪エコ・リフォーム普及促進地域協議会のブログリスト!


『ロックウールとアスベストの違い』


ロックウールとアスベストは、
人工的に作られた鉱物繊維なのか天然の鉱物繊維なのか
の違いです。

アスベストの有害性は、
飛散したアスベストを吸引し、それが呼吸器に侵入することによって、
ガンを引き起こす原因となることです。

つまり、呼吸器に侵入出来るほど繊維が細かった(太さ:約0.1μm)ことが
問題でした。
ロックウールは、アスベストと比較して数十倍?100倍繊維が太く(3?5μm)、
体内に侵入しにくくなっています。


建築物で使用されたアスベストは、
・耐火被覆材等として吹き付け用
・屋根材、壁材、天井材でアスベストを含んだセメントを板状に固めたスレートボード等
で使われています。

アスベストは、その繊維が空気中に浮遊した状態にあると危険であるといわれています
(昭和63年環境庁及び厚生省通知(PDF:21KB))。

すなわち、露出して吹きつけアスベストが使用されている場合、
劣化等によりその繊維が飛散するおそれがありますが、
板状に固めたスレートボードや天井裏・壁の内部にある吹付けアスベストからは、
通常の使用状態では室内に繊維が飛散する可能性は低いと考えられます。


« 前の記事省エネルギー基準制定までの背景と目的ロックウールの種類と性能 次の記事 »


 

ブログカレンダー

2012年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

入会を希望される一般の方へ

入会を希望される施工店の方へ

協議会情報

事業活動

ページの先頭へ戻る