大阪エコ・リフォーム普及促進地域協議会のブログリスト!


『壁を断熱しよう!その効果は?』


一般的な戸建の住宅から外へ出ていく熱のうち
約19%が壁です。

これは、窓に次いで大きい割合です。

外の影響を受けやすいことや面積が大きいことが原因ですが、
例えば、壁の断熱性を2倍に上げると、冬場 約1割の省エネに繋がります。

netsunige.jpg

ただ、断熱化するメリットは、省エネだけではありません。
断熱すると壁の表面の温度を上げてくれるのです。
壁の温度が上がると同じ室内温度であっても暖かく感じます。


また、暑さ、寒さだけの問題ではありません。

例えば、冬場家の中でストーブなどを使用すると、熱とともに水蒸気がたくさん出ます。
その水蒸気が、冷たい壁に触れると結露をおこし、そこからカビが発生したりしてしまいます。
壁の表面温度が上がりますので結露しづらくなり、カビなどを抑制できます。


現在比較的温暖な土地にたつ住宅の多くが、
断熱材が入っていないか、入っていたとしても
繊維系断熱材が50mmほどだと思います。

断熱性を上げようと思うと、
その断熱材の厚みを倍にすればいいのです。

リフォームというと壁を剥がして施工しなければなりません。
ただ、クロスを張り変える工事などと一緒に行えば、
将来的な出費を抑えることができますし、家の寿命も延ばしてくれます。




« 前の記事床を断熱しよう!その効果は?屋根を断熱しよう!その効果は? 次の記事 »


 

ブログカレンダー

2012年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

入会を希望される一般の方へ

入会を希望される施工店の方へ

協議会情報

事業活動

ページの先頭へ戻る