大阪エコ・リフォーム普及促進地域協議会のブログリスト!


『グラスウールの施工で注意すること(壁)』


グラスウールは施工によって断熱の効果が大きく変わります。
そのため、以下の注意点をしっかりと確認することが必要です。

 ・柱、間柱の間に隙間なく充填すること
 ・グラスウールが垂れてこないよう
 ・胴差、桁部分まで防湿層、石膏ボードを張り上げること
 ・間仕切り壁に気流止めを設置すること
 ・グラスウールの室内側の床、桁、柱に防湿層を30mm以上重ねて見附面に施工すること
 ・フィルムをカットした場合は、その部分を必ず養生すること
 
詳しくは、以下のページでも詳しく説明されています。
新築やリフォームをしている方で、業者さんの施工に気になる点がある方は
確認してみて下さい。

 ↓

硝子繊維協会のページ
施工マニュアル


« 前の記事グラスウールの種類と性能グラスウールの施工で注意すること(床) 次の記事 »


 

ブログカレンダー

2012年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

入会を希望される一般の方へ

入会を希望される施工店の方へ

協議会情報

事業活動

ページの先頭へ戻る