大阪エコ・リフォーム普及促進地域協議会のブログリスト!


『断熱の必要性と種類』


断熱は、家の中の「快適」さを上げるために、外の寒さ、暑さを家の中に入れないようにするためのものです。
また、建物の中で暖房や冷房をした熱を外に逃がしにくくする効果が高く、近年言われる「省エネ」の住宅にするためになくてはならない建築材料となりました。

住宅の断熱性を上げるために使われる断熱材ですが、熱を伝えにくくするために、材料の中に空気を固定させています。その空気の閉じ込め方で材料が異なってきます。
大きく分けると、グラスウールなどのように微細な繊維の間に空気を閉じ込める繊維系断熱材と、発泡スチロールなどのように細かな独立した気泡の中に空気を閉じ込める発泡系断熱材とがあります。

断熱材は施工する場所や工法に応じて適切なものを選ぶことや、しっかりとした施工が非常に重要です。
これから随時紹介していますので、しっかりと確認をしてください。


« 前の記事複層Low-Eガラスって知っていますか?壁、床、天井の断熱方法は・・・ 次の記事 »


 

ブログカレンダー

2012年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

入会を希望される一般の方へ

入会を希望される施工店の方へ

協議会情報

事業活動

ページの先頭へ戻る