大阪エコ・リフォーム普及促進地域協議会のブログリスト!


『壁の断熱方法』


壁の断熱方法として、壁の中に断熱材を施工する充填断熱という方法と構造材(柱や梁など)の外側に断熱材を施工する外張断熱という2つの方法があります。


☆外張断熱
sotobari.jpg


☆充填断熱

jutendannetsu.jpg



2つ挙げました外張断熱と充填断熱ですが、それぞれ長所短所があります。
充填断熱及び外張断熱のページにそれぞれの特徴を詳しく掲載していますので、ご確認ください。

昔の家は、土を壁に塗ることによって、雨風や外の寒さを防いでいました。
土壁の断熱性は一般的に断熱材として使われるグラスウールの約20倍熱を通しやすいのです。
それを柱の間に塗りこんでいくので、厚みもそれほどとれません。
昔の家は、寒い訳です。
そんなことから、断熱性能の高い断熱材が普及してきました。

断熱方法は、家の構造や価格、求める性能である程度決まってきます。
現在は、断熱材を充填断熱と外張断熱を組み合わせた家もあります。
無暖房で過ごせる家を目指すのであれば、そこまでやらないといけないですが、大阪などの温暖地では、そこまでお金をかけなくてもいいのではないかと個人的には思います。


« 前の記事ついに中国が・・・グラスウールの特徴 次の記事 »


 

ブログカレンダー

2012年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

入会を希望される一般の方へ

入会を希望される施工店の方へ

協議会情報

事業活動

ページの先頭へ戻る