大阪エコ・リフォーム普及促進地域協議会のブログリスト!


『床を断熱しよう!その効果は?』


一般的な戸建の住宅から外へ出ていく熱のうち約10%が壁です。

数字だけみるとそれほど大きくは感じないかもしれません。

ただ、お気づきの方も多いと思いますが、床は直接体が触れる場所。
床の表面温度は体感温度に大きく影響します。

netsunige.jpg

断熱すると床の表面の温度を上げてくれるのです。

現在比較的温暖な土地にたつ住宅の多くが、断熱材が入っていないか、入っていたとしても
それほど厚みがとられていません。

その厚みを増してあげる、もしくは、取替えるようにすると快適さは格段に向上します。
また、床暖房をご検討の方は特に床の断熱性能をあげることをお勧めします。

ちなみに、大阪などの比較的温暖な地域ですと、
必要な床の断熱材の厚さは

グラスウール(10K)で、110mm
硬質ウレタンフォームで、65mm

です。


« 前の記事ロックウールの種類と性能壁を断熱しよう!その効果は? 次の記事 »


 

ブログカレンダー

2012年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

入会を希望される一般の方へ

入会を希望される施工店の方へ

協議会情報

事業活動

ページの先頭へ戻る