大阪エコ・リフォーム普及促進地域協議会のブログリスト!


『天井の断熱方法』


屋根の断熱方法として、天井の上に断熱材を施工する天井断熱という方法と
屋根の裏に断熱材を施工する外張断熱という2つの方法があります。


☆天井断熱

tenjo_dannetsu.jpg


☆屋根断熱

yane_dannetsu.jpg



2つ挙げました天井断熱と屋根断熱ですが、それぞれ長所短所があります。
天井断熱及び屋根断熱のページにそれぞれの特徴を詳しく掲載していますので、
ご確認ください。


昔の家は、茅を葺き、雨風や外の寒さを防いでいました。
茅の断熱性は現在の断熱材と比較すると劣りますが、
数十cmという厚さを考えると屋根自体の断熱性は高かったのです。

断熱方法は、家の構造や価格、求める性能である程度決まってきます。
気密性能を上げたい、なるべく安く仕上げたいなど要望は様々だと思います。

天井の断熱方法は他の部位よりも方法の選択肢が広いです。

構造に悪影響を与える場合もありますので十分な検討が必要ですが、
大阪などの温暖地は天井の断熱をしっかりとすることで快適さが飛躍的に向上します。


« 前の記事屋根を断熱しよう!その効果は?ロックウールとは 次の記事 »


 

ブログカレンダー

2012年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

入会を希望される一般の方へ

入会を希望される施工店の方へ

協議会情報

事業活動

ページの先頭へ戻る