大阪エコ・リフォーム普及促進地域協議会のブログリスト!


『S様邸 エコリフォーム報告 屋根断熱編』


先日からお伝えしておりますS様邸のエコリフォームですが、今回は屋根の断熱のレポートです。

今まで天井の部分に申し訳なさそうに乗っていたグラスウール。
厚みも50mm程しかなく、60℃近くにまでなる天井裏の温度を十分に防ぐことは出来ていませんでした。

みなさんの中にもいらっしゃるのではないでしょうか?
「昼間暑くて2階にいることができない・・・」
「陽が落ちているのに、2階が暑くてたまらない・・・」
この原因のひとつがこの小屋裏温度が上がっていることと、その熱がなかなか抜けないことが挙げられます。

S様も同様に2階が暑くてたまらないという不満があったようです。
そこで、直射日光によって熱せられた瓦の熱を小屋裏に入れないために、その瓦の下地として敷く板(野地板)の裏側に、断熱材を入れるようにしました。
押出法ポリスチレンフォームというカップラーメンの容器で使われる発泡スチロールのような素材の断熱材をその板を支える垂木(たるき)の間に入れていくというもの。


大阪エコリフォーム普及促進地域協議会のブログ

↑押出法スチレンフォーム


大阪エコリフォーム普及促進地域協議会のブログ

↑斜めにかかる木が垂木

↓その間に断熱材を入れていきます。

大阪エコリフォーム普及促進地域協議会のブログ

↓そして、断熱材のサイドには、発泡ウレタンフォームを入れて隙間ができないようにします。

大阪エコリフォーム普及促進地域協議会のブログ

今回は、屋根で断熱をするため、梁の下の空間もしっかりと埋めてあげなければいけません。

大阪エコリフォーム普及促進地域協議会のブログ


大阪エコリフォーム普及促進地域協議会のブログ

これで完成です。

ちなみに、この作業は2.5日で完了しました。
1日目は小屋裏の温度が36℃を超えていましたが、2日目、3日目は人や照明から出る熱があるにも関わらず、30℃近くまでしか上がりませんでした。

作業して頂いた方が効果を一番実感していたようです。

これから涼しくなるのですが、「これから来る冬や来年の夏が楽しみ」と言って頂け、実感とデータ、両方で満足いく結果をご報告出来ればと思います。



過去に紹介しましたS様邸のリフォームレポートです。
併せてご覧ください。


↓床下編
S様邸エコリフォーム報告 床下断熱編

↓窓編
S様邸エコリフォーム報告

↓リフォーム計画
S様邸エコリフォーム報告 計画編


« 前の記事昭和56年以前の家に住んでいる方へ 地震の対策はお済みですか?家の断熱化について考えよう!?断熱は省エネだけが目的ではない!!! 次の記事 »


 

ブログカレンダー

2012年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

入会を希望される一般の方へ

入会を希望される施工店の方へ

協議会情報

事業活動

ページの先頭へ戻る