大阪エコ・リフォーム普及促進地域協議会のブログリスト!


『昭和56年以前の家に住んでいる方へ 地震の対策はお済みですか?』


昭和56年以前、築29年以上の家に住んでいる方へ

「耐震補強はお済みですか?」


地震大国日本。

地震はこないと言われていた関西や福岡でも大きな地震が起きました。
日本に住む限り、地震に対しての備えは必要だということを知らしめた出来事です。
地震によって、多くの方が不慮の死を迎えたり、家財を失ったり、後遺症に悩まされています。

日本の建物は、建築基準法に沿った家を建てなければいけませんが、
その法律は、定期的に見直しされています。
地震の研究が進むにつれ、想定される地震の強さが大きくなり、
今守らないといけない建築基準法は昭和56年以前のものとは大きく変わっています。

今家の寿命を延ばそうと、
200年住宅などと呼ばれる長期優良住宅に国を挙げて取り組んでいます。

日本従来のスクラップ・アンド・ビルド(壊しては建てる・・・)からの脱却によって、
建設時に出る二酸化炭素の排出を抑えることを目的としたものですが、
これは決して、これから建てられる家だけではありません。
今日本に建つ約4600万戸の住宅も、30年余りと言われる住宅の建て替えサイクルを
変えていかなければいけません。

ただ、その4600万戸のうち4割弱が昭和56年以前に建てられた家で、
それらは大きな地震で大きな被害が想定される住宅なのです。

そのうちの
65%の住宅でいまだ地震に耐えられるように補強する工事が行われていません


大阪エコリフォーム普及促進地域協議会のブログ


地震が来ても大丈夫なように、大切な家族を失わないためにも、
まだ耐震補強リフォームをされていない方は早めの検討をお勧めします。

ちなみに、耐震診断や耐震補強の工事に対して、
大阪府下の地方自治体では補助金や助成制度を設けています。


これら補助金を活用してで安心して住める我が家を手に入れてください!


まわりのみんなはリフォームにどれくらいお金を出してるの?
悪徳リフォーム被害の77%は訪問販売
現在エコリフォーム(節約リフォーム)進行中


« 前の記事まわりのみんなはリフォームにどれくらいお金を出してるの?S様邸 エコリフォーム報告 屋根断熱編 次の記事 »


 

ブログカレンダー

2012年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

入会を希望される一般の方へ

入会を希望される施工店の方へ

協議会情報

事業活動

ページの先頭へ戻る